ファーストペンギンについてABOUT

ファーストペンギンとは

ファーストペンギンは、
20代、30代のきょうだいが同じ立場の仲間と話したり、
遊んだりすることの出来る場所として作りました。

今ある環境を変えることはたやすくはありません。
でも、きょうだいや家族の話だけでなく、日々の出来事を気軽に話せる仲間の存在が、
無意識に頑張って生きてしまうきょうだい達にとっては大切だと思っています。
その中で自分で気づくことのなかった自分を見つけることも出来ます。
自分の心の声に耳を傾けてみませんか?

主な活動

少人数での語り合い
勉強会
野外活動
集団セラピー

スタッフ自己紹介

ファーストペンギン
やました のぞみ
知的障害の姉と精神障害の兄がいます。 ファーストは、スタッフ、メンバーの壁を超えて本音を言える場所。 泣くことも、笑うこともここでなら自然に出来る場所でありたい。そして仲間と出会うことで、自分らしく生きる道を選んでもらえたらと思てっいます。
ファーストペンギン
ふじき かずこ
弟に障害。 2016年に代表山下のぞみに全国きょうだいの会つながりで誘ってもらって初代3人の運営メンバーに。 ひらめいた!?「ファーストペンギン」の名称はお気に入りです(^^)
【やりたいこと】 2018年の「結婚どうする?」イベントのシリーズ化や出産、子育て中のきょうだいから話を聞く企画♡
ファーストペンギン
にしむら いくえ
2つ下の弟が知的障害+自閉症
【きっかけ】 うつ病になり、医師から「きょうだい」という概念を教わる。悩んでいる自覚はなかったが、回復後、子どもの「きょうだい」の力になりたいと思い、ボランティアを探すうち、自分の気持ちに気付き、ファーストに出会う。
【やりたいこと】 「きょうだい」が主体的に生きることを当たり前にしたい。
ファーストペンギン
すがい あきこ
7つ下の弟に障害
【きっかけ】20代半ばに感じていたしんどさを調べるうちに、きょうだいであることを自覚。 ほぼ同時期の父の看取りをきっかけに、様々なきょうだい団体の集まりに参加。 そのうちの一つがファーストペンギンでした。
【やりたいこと】 後ろめたさを感じがちなきょうだいに、誰だって楽しく生きていいことを体現したいです!
ファーストペンギン
こばやし かずとも
2つ下の弟が知的障がい+自閉症ぎみ
【きっかけ】mixiで色々なオフ会に行ってた時期に、障がい者の、きょうだいの集まりに参加する。そこできょうだい児だって事を自覚する。そこのメンバーからファーストペンギンを紹介され参加し始める。 ファーストに参加して自分と同じような境遇の方と話す事で苦しいのは自分だけじゃないと感じた。
【目標】自分らしく生きられる事を当たり前にしたい。